健康レシピ

2006年1月15日 日曜日

かぶのあんかけ

かぶのあんかけ 広報誌ひだまり 第14号(2006.01.15発行)

エネルギー:107kcal たんぱく質:7.0g 脂質:0.3g 塩分:1.7g
 

寒さに負けない体作り

今回は冬が旬の『かぶ』を使った料理です。かぶというと根の部分は漬物や煮物などに使われますが、葉は捨ててしまうことが多いのではないでしょうか?実はかぶの葉にはビタミン・ミネラルが豊富。ビタミンはA、B2、C、ミネラルは鉄、カルシウムが多く含まれています。また、根には消化を助けるジアスターゼが含まれており、胃腸を守る働きがあります。寒さに負けない体を作るためには体の免疫力を上げることが大切。ビタミンAやビタミンCは体の免疫力を高めるため、風邪やがんの予防につながると言われています。

この料理は中のたねを挽き肉に変えたり、だし汁をコンソメスープにして洋風に仕上げるなどしてもおいしくいただけます。免疫力を高めて寒さに負けない体作りを心がけましょう。



材料(4人分)

  • かぶ(中) 4個
  • 人参 1/2本
  • だし汁 4カップ

A:

  • えび(殻付き) 200g(4尾分)
  • しいたけ 1枚
  • 長ねぎ 1/4本
  • 生姜 1かけ
  • 卵白 1/2個
  • 酒 大さじ1
  • 醤油 小さじ1
  • 塩 少々
  • 小麦粉 大さじ1と1/2

B:

  • 醤油 大さじ2
  • みりん 大さじ4
  • 酒 大さじ2
  • 塩 小さじ1程度
  • 片栗粉 大さじ2


作り方:

  1. かぶはよく洗い、葉を1cmくらい残して切り落とし、皮をむく。さらに葉の付け根から1cm残してかぶを切り、下の部分は中身をスプーンなどでくり抜く。(上の部分はふたとして使用。茎の泥を落とすため、水にさらしておく)くり抜いたかぶは細かく刻んでおく。かぶの葉と人参は細かく刻んでさっと塩茹でしておく。
  2. (Aのたね作り)えびは殻をむいて背わたをとり細かく刻む。しいたけ、長ねぎはみじん切りにして、生姜はすりおろしてえびと混ぜる。さらに卵白、調味料を加えて粘りがでるまで混ぜ合わせる。
  3. くりぬいたかぶの中に片栗粉をまぶし、「2.」を詰める。
  4. 鍋にだし汁とBを加えて火にかけ、「3.」を入れてあくを取りながら落とし蓋をして10分煮る。次に切り取ったかぶの上部を加え、さらに10分煮る。
  5. かぶを取り出し、煮汁に塩を加えて味を調整する。刻んだかぶとかぶの葉、人参を加え、火が通ったら片栗粉を加えてとろみをつける。
  6. 器にかぶを盛り、あんをかける。

投稿者 戸塚共立第1病院

交通・アクセス

地図

病院名
医療法人 横浜柏堤会
戸塚共立第1病院
住所
〒244-0003
神奈川県横浜市戸塚区戸塚町116
無料送迎バス運行中!
電話番号 045-864-2501
FAX番号 045-865-3086

病院情報

住所

〒244-0003
神奈川県横浜市戸塚区戸塚町116

受付時間

午前
08:30~12:00
午後
13:30~16:30
土曜日
08:30~12:00

診療時間

午前
09:00~13:00
午後
14:00~17:00
土曜日
09:00~12:30

曜日によって休診している診療科がございますので、詳細につきましては
診療予定表
でご確認いただけますようお願い致します。

※休日・夜間の診療について

お見舞いメール

学校法人栄戸学園 横浜未来看護専門学校

Twitter試合速報

YOKOHAMA TKM試合速報

横浜FCシーガルズ試合速報

戸田中央医科グループ

医学部学生奨学金制度のご案内

TMGの地域公開講座

TMGの高度医療機器 ガンマナイフ