HOME > 診療科のご案内 >  腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術

腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術について

鼠径ヘルニアについて

鼠径ヘルニアとは?
診療内容

鼠径ヘルニア(脱腸)とは、腿の付け根(鼠径部)の筋肉・筋膜が弱くなり、お腹の壁にスキマ(穴)ができて、腸などの一部が脱出したものです。お腹に力を入れたときや立ったときに鼠径部がふくらみ、痛みを感じることがあります。

ヘルニアを構成する3大要素
①へルニア内容(小腸・大網・大腸・卵巣など) 
②ヘルニア嚢(腹膜。この中に腸などのヘルニアの内容が入っている)
③ヘルニア門(ヘルニア嚢の出口)

鼠径ヘルニアになりやすい人
・加齢(特に40歳以上の男性)
・日常生活(咳をよくする人・妊娠している人)
・職業(お腹に力がかかる人・立ち仕事に従事する人)

ヘルニアの種類
内鼠径ヘルニア、外鼠径ヘルニア、大腿ヘルニア

鼠径ヘルニアの治療

鼠径ヘルニアの治療法は?

一度お腹の壁にスキマ(穴)ができて鼠径ヘルニアになってしまうと、お薬では治りません。
治療法は手術治療のみです。

なぜ手術をするの?

鼠径ヘルニアは絶対に手術が必要というものではありません。しかし、放っておけばだんだんと膨らみは大きくなります。
脱出した腸をそのままにしておくと、腸の通りが悪くなり、腸閉塞をおこすこともあります。とくに問題なのは、ヘルニア嵌頓を起こした場合です。嵌頓(出口のところで脱出した腸が強く締めつけられる)を起こすと鼠径部がこぶ状にふくれ、激しく痛みます。さらに症状が進むと腸管壊死(ちょうえし:腸が腐ってしまうこと)になり、緊急手術(腸管切除)が必要になります。
そのような症状を起こさないためには、手術をする必要があります。

どんな手術?

お腹の壁にできてしまったスキマ(穴)を塞ぐ手術です。

手術の方法
以前は「従来法」と呼ばれる周囲の組織(筋肉や筋膜)を糸で縫い寄せてスキマを塞ぐ方法が多く採用されていました。しかしこの方法は術後の痛みやつっぱり感が比較的強く、再発率も10%と高いです。現在は、メッシュ(人工膜)を用いてスキマを塞ぐ方法が主流となっています。つっぱり感はほとんど無く、再発率は約1%前後と成績も良好です。

①(前方アプローチ)鼠径ヘルニア修復術
鼠径部に約5cmの傷をつくり、メッシュ(人工膜)でスキマを塞ぐ方法です。
②腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術
お腹に3ヶ所、小さな穴(約5mm)を開けて、腹腔鏡カメラと細長い手術器具2本を用い、お腹の内側からスキマをメッシュ(人工膜)で塞いでいきます。

当院では、
傷が小さく痛みの少ない、腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術を行っています。
年齢、全身状態、既往症などによって腹腔鏡での対応が厳しい場合、
患者さま一人ひとりと相談し、より良い手術方法を選択しています。

鼠径ヘルニアの手術

腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術(腹腔内到達法TAPP法)
 ⇒次ページで詳しく紹介しています。

(前方アプローチ)鼠径ヘルニア修復術でメッシュ(人工膜)を用いる方法
鼡径部の皮膚を約5~6cm切開し、ヘルニア嚢という袋の出口をしばり、鼡径部の弱いところを補強するのにメッシュ(人工膜)を用いる方法です。麻酔は通常、全身麻酔もしくは下半身麻酔の脊椎麻酔で行います。手術時間は1時間前後で、つっぱり感がほとんど無く術後疼痛も比較的少ないので、比較的早期に日常生活に戻ることができます。

腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術(腹腔内到達法TAPP法)
全身麻酔下で行う手術です。へその部位に5mmの穴(創)を開けて、お腹の中に二酸化炭素のガスを入れてふくらまし、腹腔鏡カメラを挿入してお腹の中の映像をテレビモニタに写しながら観察します。ほかに2か所、5mmの穴(創)を開け、ここから棒状の細長い手術器具(鉗子)をお腹に差し込んで手術するのが腹腔内到達法(TAPP法)です。
手術時間は60分~90分前後です。つっぱり感は無く痛みも少ないので、早期に日常生活に戻れます。
まず、腹腔鏡を用いてヘルニアを確認します。次に、ヘルニア部分に出ている腸と腹膜を内側に戻し、ヘルニアの穴を確認して、腹膜と筋肉の間に補強材をおいて固定します。腹腔鏡手術では、鼡径ヘルニアになりやすい3つ(内鼡径ヘルニア、外鼡径ヘルニア、大腿ヘルニア)の弱い部分を全てしっかりと覆うことができます。(図1)
 

 

術後について

入院期間
手術前日の午後に入院して、翌日手術を行い、術後は問題なければ手術翌日〜数日の間に退院となります。(入院期間3〜5日間)
年齢、全身状態、既往症などを考慮しておりますが、入院期間を短くしたい方は診察時にご相談ください。

鼠径ヘルニア手術特有の合併症・偶発症
どの方法で手術をしても、ヘルニア再発の可能性があります。メッシュを使わない方法では再発率は20%にも達するという報告があります。腹腔鏡下ヘルニア修復術でも0.5~1%に再発があります。また、術後の疼痛や違和感は、術式によって大きく異なります。(感じ方には個人差もあります。)

術中合併症・偶発症
 出血
 神経損傷
 精管・精巣動静脈損傷
 腸管・膀胱などの他臓器損傷

術後合併症
 皮下出血(内出血)
 陰嚢・鼠径部の腫張(浸出液や血液などの貯留)
 陰嚢水腫
 創感染
 メッシュ感染
 癒着による腸閉塞

手術後の注意
手術により鼠径部の弱いところを補強しますが、手術後1ヶ月くらいはあまり重いものを持ち上げたり、腹圧をかけたりしない方が良いでしょう。日常生活(散歩、軽い運動、座業など)は、個人差もありますが退院後から可能です。詳しいことは主治医と相談しましょう。

診療科一覧

内科
神経内科
外科
整形外科
泌尿器科
形成外科
脳神経外科
放射線科
麻酔科
病理診断科
シャント外来

交通・アクセス

地図

病院名
医療法人 横浜柏堤会
戸塚共立第1病院
住所
〒244-0003
神奈川県横浜市戸塚区戸塚町116
無料送迎バス運行中!
電話番号 045-864-2501
FAX番号 045-865-3086

病院情報

住所

〒244-0003
神奈川県横浜市戸塚区戸塚町116

受付時間

午前
08:30~12:00
午後
13:30~16:30
土曜日
08:30~12:00

診療時間

午前
09:00~13:00
午後
14:00~17:00
土曜日
09:00~12:30

曜日によって休診している診療科がございますので、詳細につきましては
診療予定表
でご確認いただけますようお願い致します。

※休日・夜間の診療について

お見舞いメール

学校法人栄戸学園 横浜未来看護専門学校

Twitter試合速報

YOKOHAMA TKM試合速報

横浜FCシーガルズ試合速報

戸田中央医科グループ

TMGの地域公開講座

TMGの高度医療機器 ガンマナイフ