平成27年度 戸塚共立第1病院 病院指標

各項目に関する集計条件および集計方法は、厚生労働省の指示のもと行われております。
DPCデータを使用し、下記の項目を算出いたしました。

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

集計対象

  • 平成27年4月~平成28年3月退院患者様であり、一般病棟に1回以上入院した患者様
  • 入院した後24時間以内に死亡した患者様又は生後1週間以内に死亡した新生児は集計対象外(自賠責、労災、自費等の患者様を除く)
  • 臓器移植(『厚生労働大臣が指定する病院の病棟における療養に要する費用の額の算定方法の一部を改正する件(平成28年厚生労働省告示第73号)』に規定)は集計対象外
  • 医科レセプトのみもしくは歯科レセプトありの患者様
  • ※患者数10未満の場合は―(ハイフン)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分0~10~20~30~40~50~60~70~80~90~
患者数5290150263247526877880277
当院の基本方針のひとつである「地域医療機関・施設との連携を推進し、救急医療に貢献します」を基に、 幅広い年齢層の患者様を受入れております。
特に60歳以上の患者様の割合が75%を超えており、症状が比較的重症になりやすい高齢の患者様を多く受け入れております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
060102xx99xxxx穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし398.467.91054.59
060130xx99000x食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし367.067.385.5659.83
060335xx0200xx胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし337.367.84054.85
当院では消化器疾患を中心に治療を行っています。消化器内科医が不在のため内科的な疾患も消化器に関する検査・治療は全て外科で行っています。
整形外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
160800xx01xxxx股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等11929.3228.707.5682.45
160690xx99xx0x胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし2522.0821.5212.0080.60
160700xx97xx0x鎖骨骨折、肩甲骨骨折 手術あり 副傷病なし164.255.76042.88
高齢者の転倒による大腿骨の骨折や胸腰椎圧迫骨折を多くみています。平均在院日数が全国平均より若干長い傾向がありますが、なるべく自宅生活できるように入院中にリハビリを実施しているためです。
また、肩や脊椎の疾患についての治療も専門としています。
内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
040080x099x0xx肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし11714.4614.345.1373.33
040081xx99x00x誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし9724.0121.6912.3784.64
050130xx99000x心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし4518.4218.304.4483.91
高齢者の市中肺炎、誤嚥性肺炎の患者様を多くみています。高齢になるほど重症になる傾向がありますが、しっかりと退院調整を行い、自宅や施設等に退院していただいています。
また、当科ではプライマリ・ケア(初期診療)を担当している医師がおります。何科に受診をしたらいいかわからない患者様に対して診察を行い、専門医による治療が必要な場合は然るべき診療科、病院へご紹介をしております。救急医療への取組も行っており、可能な限り救急車を受け入れています。平成27年度は3,368件の救急車を受け入れしています。
乳腺外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
090010xx03x0xx乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2なし423.906.79053.95
090010xx02x0xx乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2なし206.8510.37064.00
090020xx97xxxx乳房の良性腫瘍 手術あり143.434.23041.29
当院の関連クリニックで診療・検診を行い、手術症例を当院で実施しています。近年、乳癌に対する啓発活動が活発になっていることもあり年々受診者数・手術件数ともに増加しています。
泌尿器科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
110070xx0200xx膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし237.177.59073.26
110200xx02xxxx前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術128.5010.25072.67
110310xx99xxxx腎臓または尿路の感染症 手術なし12.60
膀胱内視鏡にて膀胱悪性腫瘍が診断され、手術目的で入院される患者様が年々多くなっています。また、近隣の先生方からの受診依頼も多く入院・手術につながっています。
神経内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
010060x099030x脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-3あり 副傷病なし9219.5418.086.5274.93
040081xx99x00x誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし2924.0021.696.9082.07
040080x099x0xx肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし2017.8014.3410.0072.40
当院の神経内科では脳梗塞の患者様を多く受入れています。
上位1の脳梗塞 手術処置等2-3とは、脳保護薬による治療法のことで、内科的治療が中心となっています。
掲載はされておりませんがパーキンソン病に対する治療についても受入をしています。
また内科的疾患(市中肺炎・誤嚥性肺炎)の患者様についても積極的に受入れ、治療をしています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発再発病期分類
基準(※)
版数
Stage IStage IIStage IIIStage IV不明
胃癌36171617
大腸癌10333513202217
乳癌34231117
肺癌17
肝癌141417
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
外科・乳腺外科にて患者様の診療を行っています。地域の先生方や当院関連クリニック・健診センターから紹介のうえ、精密検査を当院で実施し、手術を行うといった流れになっています。胃癌および大腸癌では内視鏡的治療や腹腔鏡下治療を積極的に行っています。また、患者様の状態に合わせ化学療法など幅広い治療を実施しています。進行度が低いStageⅠの患者様から、最も進行しているStageⅣの患者様の治療まで行っております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数平均
在院日数
平均年齢
重症度 02710.8950.81
重症度 13917.7280.28
重症度 24517.2083.13
重症度 31824.1184.83
重症度 4
重症度 5
不明
患者数が最も多いのは、重症度1と2(いわゆる中等症)です。重症度が高くなるごとに平均在院日数が長くなっていることがわかります。
重症度0(=軽症)の患者様の平均年齢が50歳代であるのに比べて、重症度1~5(中等症~超重症)では平均年齢が80歳代になっており、市中肺炎は年齢が高くなるごとに重症化していることがわかります。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10傷病名発症日から患者数平均在院日数平均年齢転院率
G45$一過性脳虚血発作及び関連症候群-
G46$脳血管疾患における脳の血管(性)症候群-
I63$脳梗塞3日以内9024.3776.7811.36
その他4220.0274.863.79
I65$脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの-
I66$脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの-
I675もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症>-
I679脳血管疾患,詳細不明-
当該指標の集計対象は神経内科に入院された患者様になります。
脳梗塞にはいくつかの種類があり、当院では脳の血管がつまったり、狭くなったりして血流が悪くなる「I63$ 脳梗塞」に分類される症例がほとんどです。
特に発症から3日以内の急性期脳梗塞が集計対象全体の70%を占めています。また平均年齢は75歳前後、平均在院日数は20~25日程度で自宅、老人保健施設等に退院される方が約9割いらっしゃいますが、リハビリを継続するためにリハビリを専門とする病院に転院されている患者様もいます。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K7211内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術 長径2cm未満850.761.89069.88
K672-2腹腔鏡下胆嚢摘出術573.256.791.7561.56
K635胸水・腹水濾過濃縮再静注法422.7110.10062.86
消化器疾患を中心に治療を行っています。消化器専門の常勤医5名を中心に、内視鏡診断・治療を提供しています。夜間休日の緊急時にも対応をしています。
下部内視鏡検査では結腸ポリープの切除や早期癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を、上部内視鏡検査でも胃ポリープや早期癌に対し内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を行っています。
これ以外に、胃癌・大腸癌の治療も行っています。腹腔鏡下での手術を積極的に行っており、全手術の8割を腹腔鏡下で実施しています。
また、胆石症の腹腔鏡下手術では、体に3~4個の穴(切開創)を開けて手術を行う方法が一般的ですが、当院では状況に応じて1か所の切開創(へそ)からスコープや手術器具を挿入する「単孔式腹腔鏡下手術(SILS手術:Single Incision Laparoscopic Surgery)」を行っております。これらの手術の特徴は、痛みが少なく傷口が小さく分かりにくいことや、回復が早いことが大きな利点です。
胸水・腹水濾過濃縮再静注法は肝硬変やがんなどで貯まった難治性腹水に対する治療法です。当院では肝硬変に対する治療も積極的に行っております。
整形外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K0461骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿912.5124.587.6980.95
K0811人工骨頭挿入術 肩、股572.2323.867.0280.18
K0462骨折観血的手術 前腕、下腿、手舟状骨421.339.69063.02
高齢者で転倒により骨折を起こすとADL(日常生活動作)の低下が進むため、なるべく早期に手術を行いADLの確保をしています。また、小児では日帰り手術も実施しております。
乳腺外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K4762乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋下部郭清を伴わないもの)420.812.10053.95
K4763乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋下部郭清を伴わないもの)200.904.95064.00
K4741乳腺腫瘍摘出術 長径5cm未満110.181.36041.73
乳癌に対する手術の原則は、癌を全て取り除くことにあります。その中でも、比較的元通りに近い形態で乳房が残せると考えられる場合には、乳房温存手術を行うこともあります。患者様一人ひとりの病態やニーズに合わせ、複数の選択肢の中から、最も適した治療法を提案することが大切だと考えています。
場合によっては無理に温存手術をするよりも、組織拡張器を用いた同時再建法の方が望ましい事もありますし、薬物療法を先に行い癌を小さくしてから温存手術をする方法なども提案しています。
泌尿器科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K8036ロ膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 その他のもの231.095.09073.26
K8411経尿道的前立腺手術 電解質溶液利用のもの143.937.64072.21
K783-2経尿道的尿管ステント留置術
膀胱癌、前立腺癌などの悪性疾患に対する手術を行っています。
また、直径1.5〜2.0mm程度の管(チューブ)を尿管に留置する尿管ステント留置術も行っています。進行消化器癌に対する尿路合併症に対して処置を行っています。
眼科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K2821ロ水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの15101.00077.43
当院では関連クリニックの眼科で白内障手術が必要と判断された患者様に対して1泊2日の手術を行っています。
また、件数は少ないですが翼状片の手術も行っています。
内科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K610-3内シャント又は外シャント設置術1413.6431.210.0074.86
K664胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設,腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)1036.3027.1020.0079.10
K386気管切開術
当院では、腎臓の機能が低下し血液透析が必要となった患者様に対し、血液透析を行なうための内シャント(血液透析を行うための動脈、静脈吻合)の作製を行っております。退院後は関連クリニックで血液透析を行うこともできます。
また、口から食事を摂れない方や、食べてもむせ込んで肺炎などを起こしやすい方に、直接胃に栄養を入れるための胃瘻造設や、呼吸不全を発症した患者様に呼吸を確保する目的で気管切開を行っています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC傷病名入院契機症例数発生率
130100播種性血管内凝固症候群同一
異なる180.53
180010敗血症同一
異なる230.68
180035その他の真菌感染症同一
異なる
180040手術・処置等の合併症同一140.42
異なる
この表に示す4つの傷病名について、入院契機となった傷病名の同一性の有無を区分して患者数と発生率を示しています。
播種性血管内凝固症候群(DIC)とは、さまざまな理由によって血管内で血液凝固系が活性化され、全身的に血管内で血液が凝固し、細小血管に多数の微小血栓を生じる病態です。当院では入院時からDICそのもので入院された患者様はおらず、入院経過中に発症された患者様が平成27年度では18症例あり、悪性腫瘍や重症な消化器疾患の患者様に合併している症例がありました。
敗血症とは、肺炎や腎盂腎炎など生体のある部分で感染症を起こしている場所から血液中に病原体が入り込み、重篤な全身症状を引き起こす症候群です。当院では入院時から敗血症で入院された患者様は数名で、多くの方は入院経過中に発症しており、平成27年度では23症例あります。肺炎や重症な消化器疾患の患者様が発症しています。
 手術・処置等の合併症では、入院時に手術・処置等の合併症を契機として入院される患者様が平成27年度では14症例あります。手術・処置等の合併症にあたる症例として、出血や脱臼などがあります。
(引用元:病気事典〔家庭の医学〕)
更新履歴
2016/11/10
指標1:解説、指標3:数値 を修正しました。
2016/10/07
「診断群分類別患者数等」を更新しました。
2016/09/30
平成27年度病院指標を公開しました。

交通・アクセス

地図

病院名
医療法人 横浜柏堤会
戸塚共立第1病院
住所
〒244-0003
神奈川県横浜市戸塚区戸塚町116
無料送迎バス運行中!
電話番号 045-864-2501
FAX番号 045-865-3086

病院情報

住所

〒244-0003
神奈川県横浜市戸塚区戸塚町116

受付時間

午前
08:00~12:30
午後
12:30~17:00
土曜日
08:00~12:00

診療時間

午前
09:00~13:00
午後
14:00~17:30
土曜日
09:00~12:30

曜日によって休診している診療科がございますので、詳細につきましては
診療予定表
でご確認いただけますようお願い致します。

※休日・夜間の診療について

お見舞いメール

病院広報誌第1タイムズ

地域医療公開講座

学校法人栄戸学園 横浜未来看護専門学校

Twitter試合速報

YOKOHAMA TKM試合速報

横浜FCシーガルズ試合速報

戸田中央医科グループ

医学部学生奨学金制度のご案内

TMGの地域公開講座

TMGの高度医療機器 ガンマナイフ