HOME > 診療科のご案内 > 乳腺外科

乳がんについて

日本における女性の乳がん発生率は、欧米にくらべると1/4~1/5と比較的少ないとされてきました。ところが最近、日本でも乳がんの発生率が年々増加しています。

乳がんは30歳から64歳における日本女性のがん死亡率の第1位で、2007年の乳がん死亡数は11,323人にのぼります。

現在、女性の12人に1人が一生涯の間に乳がんになると言われています。

また、1年間に乳がんに罹る女性は約4万人に達しています。
乳がんの発生は20代からみとめられ、20代後半から増加し、40代の女性にいちばん乳がんが発見されています。つまり20代から「乳がん年齢」なのです。

20歳代でも気になる症状がある場合には、早期発見のためにもマンモグラフィや超音波を使った乳がん画像検診の受診や、専門の医療機関で検査をされることをお勧めします。

そして、不安を抱えるよりもしっかり検査をして安心することが何よりです。
しかし、乳がんが一番かかりやすいがんだからといって怖がる必要はありません。乳がんはかかりやすいけれど、早期に発見できれば死に至らないがんでもあるのです。 現在のところ、乳がんの決定的な予防法はありません。

年1回の乳がん画像検診を受診して早期にがんを発見することが一番の予防法と言えます。

早く診断すれば、怖いものではないのです。

当院の乳腺外科外来について

当院の乳腺外科外来で行うこと

  • 乳がんの精査・手術
  • 術後のアフターフォロー
  • 化学療法

当院の乳腺外科外来では、関連施設の戸塚共立サクラスクリニックへ受診された方で精査や手術が必要な方を中心に診察を行っております。
まったくの初めてという方につきましては、まず戸塚共立サクラスクリニックに受診して頂いております。

もし乳がんと診断されても、適切な治療計画を立て、患者さんが納得して受けられる治療に努めます。

乳がんの治療には抗がん剤治療もあり、様々な副作用が伴うこともあります。副作用をできるだけ軽減するための薬も積極的に使用し、苦痛の少ない治療を心がけています。

セカンドオピニオンなどのご希望がございましたら、遠慮なくお申し出ください。

※男性の患者様の場合は流れが違いますのでお電話でお問合せください

診察時間につきましては、診療予定表をご覧ください >>

手術について

手術の原則はもちろんがんを全て取り除くことにあります。その中で、比較的元通りに近い形態で乳房が残せると考えられる場合に、乳房温存手術が行えると考えます。

温存率という数字に固執して乳房温存手術にこだわることなく、患者さん一人ひとりの病態やニーズに合わせ、複数の選択肢の中から、最も適した治療法を提案することが大切だと考えます。
場合によっては無理に温存手術をするよりも、組織拡張器を用いた同時再建法の方が望ましい事もありますし、薬物療法を先に行いがんを小さくしてから温存手術をする方法なども提案したいと考えています。

手術中のリンパ節転移を検査

乳がんでは、がんが転移しやすいリンパ節を調べる検査が治療方針を決定する上で重要と言われています。これまでは脇の下のリンパ節をすべて切除するのが標準的な方法でしたが、腕が腫れるなどの後遺症が出る場合があり、術後の生活に影響を及ぼすことがありました。
そこで現在では、リンパ節の切除範囲を最小限にとどめ、患者さんの負担を軽くする方法が広まっています。
しかし、術後の再検査が必要になってしまう場合があり、万能な方法とは言えません。

そこで当院では、手術中に乳がんのリンパ節転移を精度よく検査(OSNA法)できる、がんリンパ節転移迅速検査の器械を新たに導入しました。

RD-100i
RD-100i

RD-100iは、OSNA法専用の遺伝子増幅検出装置です。

OSNA®法とは?

OSNA法は、分子生物学的な方法を用いた新しいリンパ節転移検査法です。
OSNA法では、専用の装置と試薬を用いることによって、乳がんの手術で摘出されたリンパ節中のがん細胞由来の遺伝子(サイトケラチン(CK)19)を増幅して測定することで、手術中にリンパ節転移の有無を検査することができます。(SYSMEXサイトより)

特長
  • 手術中に結果が出ます(約40分)
  • 正確な判定が得られます(高精度)
  • どの病院で検査しても同じ結果が得られます(装置による自動化)
  • OSNA法に用いるリンパ節の採取方法は今までと同じです
  • 保険が適用されます(乳がんのリンパ節転移検査)

MRIガイド下生検を開始しました

マンモグラフィやエコー(超音波)検査には写らない病変があることをご存知ですか?

病変とは生体組織の変化のことで、乳がんが疑わしい組織を含むものです。 マンモグラフィやエコー検査では写らない病変は、 MRI検出病変乳がん検診で一般的に行われるマンモグラフィやエコー検査では発見が困難なため、MRIを使って検出します。
MRIで検出された病変のうち、1/3が悪性病変と言われており、残りの2/3は良性病変または正常な乳腺組織が病変のように見える(乳腺症など)場合もあります。

MRIで検出された病変をMRIの画像のみで良性病変か悪性病変かを診断するするには限界があり、MRI検査だけで正確に診断される確率は15~40%と言われています。このため、正確に診断するには生検を行う必要があります。 生検とは病変の一部を、麻酔をしてから針で刺して組織の一部を採取し、顕微鏡などで調べる検査です。この検査をMRIガイド下生検といい、MRIガイド下生検を実施することにより病気を正確に診断することができます。

MRIガイド下生検は全国で18施設(2014年6月18日現在)となっており、実施可能な施設が非常に少ないです。
戸塚共立サクラスクリニックは、神奈川県で2番目となるMRIガイド下生検実施施設となります。
⇒くわしくはNPO法人乳がん画像診断ネットワークホームページをご覧ください。

日本ではMRIガイド下生検の保険適用が認められておりませんので、自費診療となります。 MRIガイド下生検をご希望の方は戸塚共立サクラスクリニックまでお問合せください。
MRIガイド下生検
MRIガイド下生検

医師紹介

岡本 譲二(乳腺外科部長)
岡本 譲二(おかもと じょうじ)
認定医等
 ・日本外科学会専門医
 ・日本乳癌学会認定医
 ・マンモグラフィ読影認定医(A評価)
 ・日本癌治療学会
 ・日本臨床外科学会

乳がん手術で著名な病院で修練を積み、私自身も多くの症例を手掛けて参りました。
『手術前の正確な画像診断に基づく整容性の高い乳房温存手術』を心掛けております。
治療の方針は、一人ひとり同じではありません。患者様に最も適した治療を病院全体で考え、提案し、今、患者様が直面している乳がんという病気克服のためにサポートしていきたいと考えています。

当院の診察時間につきましては、診療予定表をご覧ください >>

乳腺診療分野アドバイザー 戸﨑 光宏 医師

乳腺診療分野アドバイザー 戸﨑 光宏 医師
戸﨑 光宏(とざき みつひろ)
認定資格:
 ・日本医学放射線学会専門医
 ・検診マンモグラフィ撮影認定医

役員:
 ・日本乳癌学会評議員
 ・日本磁気共鳴医学会代議員
 ・日本画像医学会評議員
 ・一般社団法人JBCRG(Japan Breast Cancer Research Group)理事
 ・日本HBOC(Hereditary Breast and Ovarian Cancer. 遺伝性乳がん・卵巣がん)コンソーシアム幹事
 ・NPO法人 乳がん画像診断ネットワーク 理事長

ガイドライン委員:
 ・米国放射線専門医会(ACR:American College of Radiology)
  BI-RADS(Breast Imaging Reporting and Data System)MRIメンバー(平成21年)

 ・日本乳癌学会 科学的根拠に基づく乳癌診療ガイドライン
  診療ガイドライン検診・診断小委員会 委員(平成20年)

 ・日本乳癌学会 科学的根拠に基づく乳癌診療ガイドライン
  診療ガイドライン検診・診断小委員会 委員(平成23年)

 ・日本乳癌学会 科学的根拠に基づく乳癌診療ガイドライン
  診療ガイドライン検診・診断小委員会 委員長(平成24年)

 ・日本乳癌検診学会 乳癌MRI検診検討委員会 副委員長(平成23年)


専門:
 ・乳腺画像診断(特に画像と病理との対比)およびMRIガイド下生検


著書:
  「乳腺MRI実践ガイド―撮影法、読影基準、治療―」 文光堂 2007年6月
西澤 昌子(にしざわ まさこ)
西澤 昌子(にしざわ まさこ)
・専門分野一般
乳腺外科
・専門医等
日本外科学会認定医
マンモグラフィ読影認定医
日本乳癌学会専門医
日本癌治療認定医

当院の診察時間につきましては、診療予定表をご覧ください >>

診療科一覧

内科
神経内科
外科
乳腺外科
整形外科
泌尿器科
形成外科
総合診療科
脳神経外科
放射線科
麻酔科
病理診断科
シャント外来

交通・アクセス

地図

病院名
医療法人 横浜柏堤会
戸塚共立第1病院
住所
〒244-0003
神奈川県横浜市戸塚区戸塚町116
無料送迎バス運行中!
電話番号 045-864-2501
FAX番号 045-865-3086

病院情報

住所

〒244-0003
神奈川県横浜市戸塚区戸塚町116

受付時間

午前
08:00~12:30
午後
12:30~17:00
土曜日
08:00~12:00

診療時間

午前
09:00~13:00
午後
14:00~17:30
土曜日
09:00~12:30

曜日によって休診している診療科がございますので、詳細につきましては
診療予定表
でご確認いただけますようお願い致します。

※休日・夜間の診療について

お見舞いメール

病院広報誌第1タイムズ

地域医療公開講座

学校法人栄戸学園 横浜未来看護専門学校

Twitter試合速報

YOKOHAMA TKM試合速報

横浜FCシーガルズ試合速報

戸田中央医科グループ

医学部学生奨学金制度のご案内

TMGの地域公開講座

TMGの高度医療機器 ガンマナイフ